FXの証拠金

FXについて、前回の説明でだいぶご理解いただけたのではないかと思います。

FXをする場合、この証拠金(保証金とも言います)というものが必ず必要になってきます。 そして、先に売ったものを後から「買い戻す」ことによって利益になったり、損になったりするという方法です。 しかし、FXでは、「買う」という行為もないのに、いきなり「売る」から始められるのです。 そして、日本人だからといって、必ず日本円で売買しなくてはいけない、などという決まりもありません。

前回、例に出した米ドルと日本円のほかにも、通貨の種類はたくさんあります。 どういう事かと言いますと、一般的な金融商品は、先に「買う」という行為があって、しばらくして買ったものが値上がった頃に「売る」とご自身の儲けになるという仕組みになっていますよね。 このあたりの理解がありませんと、くりっく365についても理解が出来ませんので、もう少々頑張ってついていらして頂戴。 通貨の値打ちが下がり続けている時には、買いたい人がいませんから、そのような時には「売り」から入るワケですね。 相場を見て、お好きな通貨で取引することが可能です。

また、FXが他の一般的な取引にくらべて非常に特質的だというのは、売買の際、手基に何もないのに「売る」というとこから始めることが可能なのです。 FXという言葉の中に「証拠金」という言葉が入っていますね。
この証拠金を業者に預けておいて、差金決済による通貨の売買を行う取引ということです。 他にもまだ特質は色々ありますが、FX・・・つまりくりっく365がどのようなものかということが、だいたいお分かりいただけたのではないかと思います FXとは、どのようなものであるのか、前回までの記事でだいたいお分かりいただけたのではないかと思います。 さて、ここで一番初めの記事で書いたことに戻ります。

「クリック365(FX取引の1つ)というのは、東京金融取引所が市場を開設、運営しているFXのことを言います。 そのような中でクリック365(FX取引の1つ)は、「東京金融取引所」が市場を開設し、運営しているということなのですね。 これは、どういうことかと言いますと、FXというのは、それを専門にやっている会社がありますし、株など他の売買を行っていながら、FXの売買も行っている会社もあります。 これで、いよいよクリック365(FX取引の1つ)について詳しい説明が出来るようになりました。 最近は、FXを取りあつかう会社が非常に増えました。

これから先、なにかほんの些細なきっかけによって、あなたもFXを初めることになるかも知れませんし、もしかすると、すでに取引をやってみようと思って、こうしていろんなブログで調べているのかも知れませんよね。 たぶん、ブログのこの辺りをお読みになっているかたは、まだ行った事がないかたが大半ではないかと思いますがいかがでしょうか。 」と書きました。

あなたは現在の時点で、FXを行っていますでしょうか。 そのようなかたにとっては、このクリック365(FX取引の1つ)もぜひ知っておいていただきたいと思います。
次回は、この東京金融取引所について説明いたしましょう