RPAとは - RPAのまとめ

RPAのまとめ > RPAとは

RPAとは

近年、ビジネスシーンではよく「RPA」というワードを耳にするようになりましたが、RPAとはどんな意味を持つものなの?と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?
そこでここではRPAとはどんなものなのか説明していきたいと思います。

はじめにRPAの正式名称はRPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)で、意味としてはホワイトカラーの間接業務を自動化するテクノロジーとなります。
RPAを導入することによって得られるメリットはいくつかありますが、まずはこれまで人間が行っていた業務をロボットに任せることによって作業効率を上げることができるという点があります。

たとえば工場でものを製造する場合、人間の手によって行われる作業には限界がありますが、ロボットに任せることができれば常時稼働し続けることも可能ですし人間の手で行うよりもスピーディな作業ができます。
したがって作業効率を高めることができますから生産性も高まりますし、さらにはヒューマンエラーも起こりにくくなりますので作業の正確性という面でもメリットがあります。

人間の手で行うとどうしてもミスは避けられませんが、その問題を解決することによってミスのカバーをする必要もなくなりますから結果的に働く人への負担も減ります。
加えてこれまで人間が行っていた作業をロボットがやれば、そこの人件費がかかりませんのでコスト削減が可能になりますし、企業にとってはとても魅力的なものなのです。
こういった経緯から今とても注目されているのです。