くりっく365(FX)と東京金融取引所

前回は、くりっく365について何もご存じないと言うかたにその説明をするため、FXとは何か・・・さらには東京金融取引所とはどのような所であるのか・・・そのような部分からお話をさせていただきましたね。 まず、くりっく365の特徴として挙げられるのは、その取引の透明性でしょう。

FXの取引方法などさらに詳しいところまでご存じであれば、くりっく365につきましても、より深く理解出来ると思うのですが、今度はそこまででなくとも良いでしょう。 店頭でのFXというのは、取引所を通さないで為替取引を行いますから、やはり透明性に欠けました。 ですが、くりっく365に加盟している業者は、どの会社であっても東京金融取引所で決定される同じスプレッド、そして同じスワップポイントで取引が出来ることとなりますから、それだけでもしっかりとした透明性が出てくる訳です。 難解な部分が出てくるたびに、簡単な説明をつけながら説明してゆくことにいたしましょう。 沿うすることで、くりっく365というのが、どのようなものであるのか、さらに良く分かって頂けると思います。 ここまでのところは、お分かりいただけましたでしょうか。

では今日はいよいよ、くりっく365の特徴をお話しようと思います。 しかしながら、現在の時点ではまだくりっく365の詳細まではなかなか見えてこないのではないかと思います。 今でこそ、取引の多くはインターネットで行なうようになりましたが、しばらく前までは店頭が一般的でした。
スプレッドやスワップの説明は、少々長くなりますので次回あらためてすることにいたしましょう

前回より、クリック365(FX取引の1つ)の特長を御紹介しています。 確かに、行った事がないかたに、わかるように説明するのは非常に難しいことです。

FXで言う「スプレッド」とは、売値と買値の価格差の事を言います。 前回、お話しいたしました最後の方で、「クリック365(FX取引の1つ)に加盟している業者は、どの会社であっても東京金融取引所で決定される同じスプレッド、そして同じスワップポイントで取引ができることとなります。 このように、通貨には金利があるということです。

例えば、現在「円」は大変な低金利ですが、「オーストラリアドル」などは、円に比べますと非常に高金利です。 要するに各通貨は、売値と買値が異なっているということになりますね。 ですから、出来るだけ分かりやすく簡単に説明することにいたしましょう。

この用語は、実際にFXを行ったことがあるかたでしたら、ご理解いただけていると思うのですが、まだ行った事がないかたでしたら、全くわからないですよね。 」と書きましたが、この中の「スプレッド」と「スワップポイント」が分かりにくかったと思いますので、本日はその説明です。 クリック365(FX取引の1つ)に加盟している業者であれば、東京金融取引所で決まる同じスプレッドとスワップポイントで取引が出来るということは、つまり、クリック365(FX取引の1つ)に加盟していない業者の場合は、スプレッドやスワップも業者によって決まっていないということになりますね。 もうひとつ「スワップポイント」とは、取引する二国間の通貨同士の金利差ということになります。

クリック365(FX取引の1つ)の場合よりも、高い場合もあれば、低い場合もあるということになります