RPA事例 - RPAのまとめ

RPAのまとめ > RPA事例

RPA事例

RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)とはロボットが作業を行ってくれる新しいテクノロジーのことを指したワードで、今積極的に導入されはじめています。
近い将来間違いなくRPAは日本でも浸透していくはずですし、すでに導入している企業も数多くあります。
そこでここではRPAの導入を検討したほうが良いであろう企業とはどんなところなのか、実際にRPA事例をあげながらお伝えしていきたいと思います。

まずRPA事例としてもっとも多いのは人の手によって行われる作業が多いところ、あるいは人数を必要とするところで、たとえばライン作業を行うことの多い製造業があげられます。
従来の製造業は多くの工場に人を集めてそこで同じ作業を繰り返しして商品を生産していましたが、これだと必ず起こってしまうのがヒューマンエラーです。
たくさんの人が働いているということは当然それだけミスが起こる可能性も高まりますので仕方ない部分ではありますが、ここをRPA導入によってカバーできれば作業効率は飛躍的に高まりますし、これまで人を使っていたところをロボットに任せるので人件費も削減できます。

ヒューマンエラーによって作業時間が増えれば残業代も発生するのでより多くの人件費がかかることにもなりますし、それが大きな原因となって悪い方向へ傾いてしまうケースも少なくありません。
加えてリストラ問題なども出てきますから、働く人の心の安定にもひと役買ってくれるはずです。
このようにRPAは作業効率だけでなく人の心にも余裕を与えてくれるのです。