RPAの専門家 - RPAのまとめ

RPAのまとめ > RPAの専門家

RPAの専門家

今、いろいろな企業でRPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入を検討されていると言われていますが、RPAの導入を積極的に推進する企業もたくさんあって、こういった企業によって少しずつではありますが日本でもRPAの導入率は高まっています。
たとえばアクセンチュアという株式会社はRPAの活用法を積極的に提案している企業で、インターネットで検索すればあらゆる情報が出てきます。
アクセンチュアによるRPA関連の記事を読むと、いくつか事例も見れますしどういったところがRPA導入に向いているのかも分かります。

RPAの導入に向いているところとしてはロボットを使って作業効率を高められるというメリットがありますから、たくさんの人員を必要とするところ、そしてヒューマンエラーの起こりやすいところというのがあげられます。
代表的なところで言えば金融系の事務作業などは多くの人員が必要とされますし、それだけでなく高い正確性も求められますから、その2点を解決できる最善策としてRPA導入は非常に意味があります。

よくニュースなどでも金融機関のヒューマンエラーによる問題は取り上げられていますし、そういった問題がひとつ起こることによって金融機関側の信頼は著しく低下してしまいます。
したがってそういった問題をあらかじめ廃除することができれば、安定した経営を続けられますのでRPAの導入にも積極的になれるのです。
アクセンチュアのほかにもRPAを扱った企業はいろいろあるので調べてみるといいでしょう。