くりっく365(FX)の税金

前回は、通常のFXとくりっく365の税金についてお話いたしました。
それだけたくさんのお金を稼いでも、税金を支払わないのは、税金がそれだけ高いからだということが分かると思います。 さらなる特徴としては、万一、くりっく365において損失が出てしまった場合は、3年間ほど損失を繰り越すことが出来ます。 ですが、くりっく365であれば、たくさんの利益が出ても20%の税率で良いということでしたね。 さて、今日は、もう少々税金についてのお話を進めてゆきましょう。
いかがですか。 くりっく365の場合は、一律20%ですから、例を挙げますと、たとえば利益が100万円のかたであっても、1000万円のかたであっても、どなたでも一律20%の税金となります。 税金については、みなさま非常に興味あることと思います。

実際、FXにおいて、数億円というお金を稼いで、税金を払わないで捕まってしまったというニュースをよく耳にします。 確定申告をなさったことがあるかたは、おぼえがあるでしょうが、くりっく365で得た利益であっても、通常のFXで得た利益であっても、どちらも所得としては「雑所得」に分類されます。 ですが、通常のFXの場合には、同じ雑所得であっても総合課税方式になっているため、最高では約50%もの税金がかかる場合もあるということです。 くりっく365は、税金の面でも非常に優遇されているということがご理解いただけましたか



しばらく、くりっく365の税金面でのお話が続きました。

時々、FX業者のパンフレットやサイト上におきましては、「信託保全」と書かれていて、顧客の資産の安全性を宣伝しているものを見かけることがあります。 しかしながら、説明文をよくよく注意してチェックしてみますと、顧客の資産の一部だけが信託保全されているという場合もあったりするのですね。 くりっく365は、公設の市場で取引されていますから、万が一にも、FXの取引業者が破錠してしまったとしても、投資家の資産は全額保全される仕組みとなっています。 これは、大変、安心出来る特徴でもありますから、しっかりと覚えておいて下さい。

中には、くりっく365を取り扱いしていない通常のFX業者であっても、顧客の資産を全額、信託保全している業者もあります。 ですが、導入しているのはFX業者の全体から見ればごくごく一部だけなのです。 大きな会社だからと安心していてはいけないと思います。 今回は、「くりっく365は資金面での安全性が高い」という特徴について、お話指せていただこうかと思います。
ですから、ご自身の資金を守りながら、安心して取引を楽しみたいというのであれば、しっかりと業者のパンフレットなりサイトなりをチェックしておいたほうが良いでしょう。 安全第一で考えるのならば、やはりくりっく365で取引をするのが一番、良いのではないかと思います