FXのスプレッド、スワップ

クリック365(FX取引の1つ)の特質を、さまざまと御紹介してきていますが、そろそろ皆さまもクリック365(FX取引の1つ)の良さがご理解いただけたのではないでしょうか。 そのように言いましても、FXを行った事がないかたにとっては、ちょっとピンと来ないかもしれませんね。

スプレッドについての説明は、以前「クリック365(FX取引の1つ)の特質(2)」の記事内で簡単にいたしましたが、おぼえていらっしゃいますか。 さて、引きつづき今日もクリック365(FX取引の1つ)の特質を御紹介したいと思います。 現在、通常のFXを行っていらっしゃるかたも、これだけクリック365(FX取引の1つ)の良さがわかってくると、変えてみたくなるのではないですか。 これは、どういうことかと申しますと、外国為替市場の為替レートというのは、ひとつの通貨につき、買値と売値の二つの値で表示されているのです。 この差額というのは、実質的に投資家のコストになるものですから、スプレッドが小さければ小さいほど値動きの幅が小さい場合でも投資家にとっては有利であるということになります。 理解出来ていますでしょうか。 スプレッドとは、売値と買値の価格差の事を言います。 必ず差額があるのです。 各国の通貨を売買するのがFXですが、購入価格と売却価格がまったく同じということはありません。 クリック365(FX取引の1つ)は、通常のFXにくらべまして、「為替レートのスプレッドが狭い」という特質もあります。 ですから、このスプレッドの差額は狭いほうが良いということになり、クリック365(FX取引の1つ)の場合には狭く設定してありますので、投資家にとって有利だということになります

クリック365(FX取引の1つ)には、まだ特徴がありますよ。

ですから、金利の高い通貨を購入すると、為替差益による利益だけでなく、スワップポイントの収入も入ってくるということになるのですね。 そういたしますと、両方の通貨の金利差が4.5%ということになりますが、これがスワップポイントとして入ってくることになります。 ご理解いただけていますか。 これは、FXが非常に人気である訳のひとつでもあるのですね。
そして、クリック365(FX取引の1つ)の場合ですと、このスワップポイントが高く設定されているということですから、より高い収入に結び付くと考えることが出来ます。 これもまた、取り引きしたことのないかたにとっては、まったくピンと来ないかもしれませんね。
例を挙げて説明いたしますと、たとえば、日本円の金利が0.5%といたしましょう。

スワップポイントについても、「クリック365(FX取引の1つ)の特徴(2)」の記事内で簡単に説明いたしました。 「取引する二国間の通貨同士の金利差」ということでしたが、覚えていらっしゃいますか。 本日お話する特徴は「スワップ金利が高く設定されている」ということです。

FXを行うかたの多くは、預けた資金にレバレッジをかけて何倍にもしたうえで売買いたしますから、たとえば10倍して売買した時には、預けた証拠金に対してスワップポイントが45%にもなるということです。 そして、購入しようと思う外貨の金利が5%といたしましょう。

ただし、クリック365(FX取引の1つ)の場合には、売りでも買いでも同じスワップポイントである、ということも特徴のひとつとなっています